チャンビン「Fly High(フライハイ)」歌詞と日本語訳 主体性との深い関係も解説

Stray Kidsの情報まとめサイト、SKZ Journal(スキズジャーナル)です。

チャンビンが作曲したサムスン社とのコラボ曲、「 비상(Fly High)/飛翔(読み方:ビサン/ピサン)」の歌詞と日本語訳/和訳や、チャンビンとジュッテ(=主体性)の関係性などをまとめました。

この記事でわかること

  • チャンビンと主体性の関係とは?
  • 비상(Fly High)楽曲の紹介と背景
  • 비상(Fly High)の歌詞
  • 歌詞の日本語訳/和訳 
目次

チャンビンと主体性の関係

この曲を語る上で欠かせないのが、曲中に何度も出てくる「主体性(줏대=ジュッテ)」というキーワードです。

事の発端となったのは、2020年10月20日に公開された「SKZ-TALKER EP.33」でのメンバーの会話です。

動画の12:39ごろから始まる、

スンミン🐶
「(そのサンドウィッチ)おいしい?」

チャンビン🐷🐇
お前が食べて判断しろ。人に振り回さないで、俺はお前に主体性のある人生を生きてほしいんだ

という会話です。

当時、メンバー内で唯一iPhoneではなくAndroidスマホのGalaxyを主体性を持って使い続けた結果、
Galaxyの広告にソロで起用されたのです。

今となっては有名なこのフレーズを、チャンビン本人のセリフで喋るGalaxy S23のCMが3本作られました。

そして今回その「ジュッテ(=主体性)」をメインテーマとした楽曲をリリース!

チャンビンのクリエイターとしての能力、ラップの技術、歌声のすばらしさを全て詰め込んだ楽曲になっています。

비상 (Fly High) 楽曲の背景

サムスン社のスマートフォン「Galaxy Z Flip5」のキャンペーンソングとして、
Stray Kids(スキズ)のチャンビンと主体性のある子どもたちによって作られた曲で、
作曲をチャンビン、作詞を10代の子どもたちが担当しました。

作詞した子どもたちの名前が、歌詞の中に出てきます。

楽曲の紹介

ストレイキッズ「チャンビン」とサムスン電子ギャラクシーのコラボプロジェクト
ギャラクシー10代のユーザーの参加で一緒に作られた「비상(Fly High)」音源&M/V

ギャラクシーの愛で有名なトップ座「チャンビン」と「サムスン電子」がもう一度会った!
曲「Fly High」は、チャンビンが直接作曲した曲に
数多くのギャラクシーのユーザーたちの歌詞と写真を応募して作られた。
子供たちが直接作成した一行歌詞がハイライトラップの「歌詞」として収録され、
直接撮った写真がM/Vにかっこよくびっくり登場して、大柄な10代たちの話で完成した。
元祖の主体性(=チャンビン)と主体性のあるギャラクシーユーザー(子供)たちが伝える希望と応援のメッセージを感じてみよう

「비상(Fly High)」は導入部の穏やかなメロディーで
子供たちの平凡で単調な日常の表現から始めて
後半に行くほど、だんだん速いビートで変化する流れで
10代の子供たちが夢に向かってどんどん高く飛び立つ飛翔(Fly High)の姿をよく表現した曲だ。
曲の魅力的なロックサウンドは、チャンビンの美声、中低音と調和して胸キュンとした応援の歌を伝える。

サムスン特設サイト:
https://www.samsung.com/sec/event/zutdaewritenow_galaxyzflip5/

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

비상 (Fly High) 歌詞・日本語訳/和訳

비상(Fly High) – 창빈 (Stray Kids) & 줏대 있는 아이들
飛翔(Fly High) – チャンビン(ストレイキッズ)&主体性のある子どもたち)

作詞:チャンビン (3RACHA), キム・イェジ, キム・ウヨン, パク・ソヒョク, イ・ヒョンジュン, チョ・キュソ, チャ・ジウン
作曲:チャンビン (3RACHA), RESTART, チェ・カンへ
編曲:RESTART, チェ・カンへ

쳇바퀴 같은 일상 속에 지치다
同じことを繰り返すだけの 日常に疲れる

다 부질없다 느껴지는 그 순간
すべてが無駄だと 感じられるその瞬間

반짝이는 별빛 우리에게 손짓
きらめく星の光が 僕らに手を振っている

밤에 꾸던 꿈은 곧 다가올 꿈
夜に見た夢は もうすぐ来る夢

해보지 않으면 알 수 없는 것들투성이인 세상
やってみないと分からない ことだらけの世界

호기심을 갖기도 눈치 보게 되지
好奇心をもっても顔色を伺ってしまう

필요한 건 배짱
必要なものは度胸さ

제멋대로 살기도 아까워
わがままを言うのはもったいない

나 자신이 나와 제일 가까워
自分のことを分かっているのは自分だけ

남들 말에 휘둘릴 필요 없지
人の言葉に振り回される必要はないさ

그게 나다워
それが僕らしさ

Oh you’ll be your own tree
君は自分の道しるべになるんだ

너 스스로가 버팀목이 될 때
君自身が 君の支えになる

You don’t have to cry
泣く必要はない

Don’t be worried
心配しないで

거친 바람이 몰아친대도
強い風が吹いても

「난 우리가 줏대 있게 인생살았으면 좋겠다」
「僕はみんなが、主体性をもって人生を生きてほしい」

바람에 몸을 맡겨 더 멀리멀리 날아올라 저 하늘 높이높이
風に身を任せて もっと遠く 飛んでいけ あの空高く

줏대를 펼쳐도 돼
主体を広げてもいい

Don’t worry worry
心配しないで

현실이라는 벽 앞에 무너질 건 우리가 아닌 걸
現実という壁の前に 崩れるのは僕たちじゃないから

줏대 있게 살자
信念を持って生きよう

근육은 없어도 근성은 넘치는 우영이처럼
筋肉はなくても 根性あふれるウヨンのように

줏대 있게 살자
信念を持って生きよう

시험공부는 힘들어도 시원히 웃는 현준이처럼
試験勉強が大変でも 涼しく笑うヒョンジュンのように

줏대 있게 살자
信念を持って生きよう

수학이 제일 어렵지만 물리학자를 꿈꾸는 소혁이처럼
数学が一番難しいけど 物理学者を夢見るソヒョクのように

우리만의 Prime time yeah
僕たちだけの特別な時間

우리답게 Fly high yeah
僕たちらしく高く飛んでいこう

We’ll fly to our galaxy
僕たちの銀河へ飛んでいくよ

그런 느낌 알아
そういう感じなんだ

왜 사나 싶은 채로 살아가는 기분
なんとなくで生きている気分

찬란해야 할 삶이
人生は輝かしくないといけないと感じるから

처량히 느껴지는 이유
哀れに感じる理由

값어치를 따져대는 이 현실은
値打ちを計算するこの世界は

자존감을 하나둘씩 밑바닥에다 내팽개치곤 해
自尊心を少しずつ 底へと押し潰してくる

남들 시선 피곤해 생각이 생각을 낳고
人の視線に疲れて 考えが考えを生み

자신마저 위협해
自分まで脅かす

It’s a pain like that
そんな苦痛のよう

꽤나 싱겁게 끝나버릴 것들에 사로잡혀 한 발을 내딛지를 못해
かなり薄くなってしまうものに 囚われて一歩も踏み出せない

Oh you’ll be your own tree
君は自分の道しるべになるんだ

너 스스로가 버팀목이 될 때
君自身が 君の支えになる

You don’t have to cry
泣く必要はない

Don’t be worried
心配しないで

거친 바람이 몰아친대도
強い風が吹いても

바람에 몸을 맡겨 더 멀리멀리 날아올라 저 하늘 높이높이
風に身を任せて もっと遠く 飛んでいけ あの空高く

줏대를 펼쳐도 돼
主体を広げてもいい

Don’t worry worry
心配しないで

현실이라는 벽 앞에 무너질 건 우리가 아닌 걸
現実という壁の前に 崩れるのは僕たちじゃないから

줏대 있게 살자
信念を持って生きよう

1등은 아니라도 노력은 지구 1등인 규소처럼
成績は1位じゃなくても 努力は地球1位のキュソのように

줏대 있게 살자
信念を持って生きよう

뻔하지 않은 포즈를 Fun하게 소화하는 지은이처럼
変わったポーズを 楽しく消化するジウンみたいに

줏대 있게 살자
信念を持って生きよう

자신 있는 목소리로 자신만의 음악을 하는 예지처럼
得意な声で 自分だけの音楽をするイェジみたいに

우리만의 Prime time yeah
僕たちだけの特別な時間

우리답게 Fly high yeah yeah yeah
僕たちらしく高く飛んでいこう

쳇바퀴 같은 일상 속에 지치다
同じことを繰り返すだけの 日常に疲れる

다 부질없다 느껴지는 그 순간
すべてが無駄だと 感じられるその瞬間

반짝이는 별빛 우리에게 손짓
きらめく星の光が 僕らに手を振っている

Oh yeah

맘껏 날아올라 봐
思う存分飛んでみて

We’ll fly to our galaxy
僕たちの銀河へ飛んでいくよ

비상 (Fly High) by チャンビン まとめ

ジュッテ(=主体性)をテーマにした楽曲「비상 (Fly High)」についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

10代の子どもたちも制作に加わった歌詞というだけあって、Stray Kids(スキズ)の楽曲と雰囲気が違い新鮮ですよね。

個人的にはチャンビンの言う「主体性」の考え方を尊敬していてすてきだと思うので、
主体性がテーマになっている楽曲を作ってくれてうれしいです。

子どもたちにとってはもちろん、大人にも響く内容になっていると感じました。

これからのチャンビンやStray Kidsの活動も楽しみです!

それではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

お問合せ

    目次